住宅を建てたい@専門家アドバイス
住宅を建てたい@専門家アドバイス

MT3.3

MT3.3のインストール001 【新築住宅 by 建築士@建築士の新築住宅】

win2kまたはwin2003sarverがインストールされている環境にMT3.3をインストールする。
Winはセキュリティーホールなどがありハッカーに狙われやすいようだが,マルチタスク機能など素人的な私にはそのほうが使いやすく感じ,ちょっとこだわってみた。
良く使われているのは「apatch」だけど,LINUXの知識が必要である。
今回はあえてIISで記録しておく。

まずはPerlのインストール。
http://www.activestate.com/
にアクセスして最新のヴァージョンをインストールする。
インスト先は C:\usr\perlとしたほうが良い。(みたい)
その次に,IISを開く。(ここがポイント)続きを読む

MT3.3

Win2K+IIS+MT3.3 インストール覚書 【新築住宅 by 建築士@建築士の新築住宅】

Windows IISによるMT3.3のインストール覚書

1. ActivePerlのインストール
 ※インストールフォールダーは\usr\bin\perl.exe ではなく,\usr\perl.exeとなるように設定する。
 ※IISの設定でPerl.exeではなく,Perl.dllで動かせるように設定する
 
2. MySqlのインストール
3. PHPのインストール
4. .CPANにてその他,いろいろ(DBI,Image::Magickなどのモジュール)のインストール
5. MT3.3 のインストール続きを読む

MT3.3

Win2K+IIS+MT3.3 インストール覚書-2 【新築住宅 by 建築士@建築士の新築住宅】

Perlの設定がポイント,これさえクリアできれば後は他のページを参照すべし。
特に,Perl.dll でないとIISの場合は動かない。それでも

Content-type: text/html ・・・・・\mt\mt.cgi' script produced no output

なんてエラーメッセージが出る。
これはCGIが,途中で息切れしてしまったときにおこる。
と言うより,マルチタスクのひとつのDGI命令が終了する前に
つぎのGGIを出してしまったときに起こるのだと思う。。。よく知らないが・・・
多分,WINのマルチタスクとPerlをいくつも動かすことの意味が違うのだろう・・・?!
そのときはF5キーを押すとその後継続して動いてくれるようだ。
タイミングを計って,一呼吸おけば解決する場合もある。
今のところそれで問題ないから,気にしないことだ。

MT3.3

MT3.3のインストール007 【新築住宅 by 建築士@建築士の新築住宅】

さて,環境が整ったら,いよいよ/mt/mt.cgi を実行することになる。
ここで問題がある。
サーバーを自宅としている場合,なぜかわからないが,Cgiが途中で止まってしまうことがある。最初のmt.cgiでもそうだ。そんな時慌てないで「F5」きーを押そう。どうも,CGIが強力だから,しょぼんと立ち止まってしまった時。F5キーは背中を押してあげている様なのだ。私の場合も良く出るが,あまり気にせずF5キーを押しているが,問題は生じていない。詳しいことは調べてないが,本当に不具合があるときはcgiが完全にとまるようである。そのうち調べて記録しておくことにして,今のところ勘弁してほしい。
もし良い方法を知っている人がいたら,教えてください。

MT3.3

MT3.3のインストール006 【新築住宅 by 建築士@建築士の新築住宅】

以上でWIN環境にMT3.3をインストする最低限の環境はできたはずである。但し,あくまでも自分自身の覚え書きであるので,懇切丁寧には書いていないが,大筋は誰でも理解できるだろう。
 で後はマニュアルに沿ってMT3.3をインストすればよい。第一段階として,MT_check.cgiを動かすことになると思うが,その時,下のほうにあるモジュールも入れておいたほうが良いみたい。特にmage::Magickは入れておいたほうが,写真などの掲載のときに便利である。これらは「CPAN」や「PPM」で自動的にインストしてくれる。

MT3.3

MT3.3のインストール005 【新築住宅 by 建築士@建築士の新築住宅】

さて終盤戦で,MT3.3+MySqlで大事なモジュールとして,DBI モジュールとDBD::mysql モジュールがある。
これらをインストールするには「CPA」というのを設定したら便利である。
「CPAN」はPerlによって動くが,これについて

http://y-kit.jp/saba/xp/cpan.htm

が参考になる。(きたがわゆうすけさん,ありがとう!)
「CPAN」が設定できたらDBI モジュールとDBD::mysql モジュールのインストである
注意しなければならないのは二つのうちどちらを先にインストするかである。
DBIを先にいれて,その後DBD::mysql モジュールである。間違えたら,どうなるのか,,,
私にはわかりません。

その他のモジュールはさまざまあるが,Perlがちゃんとインストされていたら,DOS画面で「CPAN」または「PPM」で自動的にインストールされる。
私の場合,いろんな理由から三回やり変えたが,Perlの設定と,Perl.DLLのマッピングがうまくできていたら,DOS画面でいきなり「PPM」とか「CPAN」とか入れても動いてくれる。
しかし,あちこち調べて,あちこち触り尾,偶然 そのように設定できたまぐれの産物である。

MT3.3

MT3.3のインストール004 【新築住宅 by 建築士@建築士の新築住宅】

次にすべきことは MySql用のモジュールODBCのインストール。これはインストールしなければいけないかどうかは知らないが,私はインストールした。
この詳細は,
http://tsuttayo.sytes.net/mysql/install/odbc
/10/20/30/10/install.php
に書いてくれている。

今までも他のHPを紹介してきたが,ネットの発展でほとんどの情報はネット上からいただける。まったくありがたい。使わせてもらうほどに感じるが,世の中 すごい人がいっぱいいるなあ。

MT3.3

MT3.3 インストール003 【新築住宅 by 建築士@建築士の新築住宅】

Perlをインストールしたら,DOS画面でPerlが動くかどうかをチェックする。OKであればMySqlをインストールする。これも 最近 winだと自動的にインストールできるようになったので,多分 不安を感じながらも簡単にインストできるはずである。
そして,MySqlのデータベースを作成する。これについては,DOS画面で動かすほうが判りやすいと思う。参考となるHPは,
http://www.bitscope.co.jp/tep/MySQL
/quickMySQL.html#id_314_
但し,これは「apatch」を意識してかかれているので他のほうが良いかもしれない。
どちらにしても,MySqlを本格的に使うわけでもないので,databese名,IDの設定,パスワードの設定程度が,わかればよい。

MySqlとはDetabaseのことである。といっても難しいのなら,Perlに接続されるExcelだと思えばよい。で,基本的にDOS上で操作する。Win上で動かすMySql-Adminなんてのもあるが,MT3.3だけなら,そんなに深く知らなくてよいので,まあ,ちょっとしたコマンドだけ知っておれば良いのじゃないか?
続きを読む

MT3.3

MT3.3のインストール002 【新築住宅 by 建築士@建築士の新築住宅】

インターネットサービスマネジャを実行して、「既定の Web サイト」のプロパティを開きます。 プロパティパネルの「ホームディレクトリ」→「構成」を開きます。
追加のボタンで、拡張子 "cgi" を "perlis.dll" にマッピングします。IISでPerlを実行する場合は、 ISAPIインターフェイスを利用した方がメモリ効率がよく処理速度も優ります。

普通のCGIなら、perl.exeにマッピングすることも可能ですが,MovableTypeの場合,なぜか"perlis.dll"でないとだめみたいです。
このあたりの不具合で1週間停滞しました。(笑)
このあたりの詳細は,
http://www.din.or.jp/~bigstone/cgilab/cgitips/iis.html
に詳しく説明してくれています。
本来は仮想ディレクトリーで動かすのも言いようですが,バーチャルホストを利用する場合は,それぞれに設定したらいけるみたいです。(これは友人に聞いたけど自分に関係ないので知りません。。。)


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。